団体情報
ぎゅっと滋賀の始まりと思い
ぎゅっと滋賀の始まり
私たち学生団体「ぎゅっと滋賀」は、『地域の魅力をたくさんの方々に伝えたい』という思いを持った学生が集まり、キャンパスのある滋賀県を拠点として立命館大学食マネジメント学部の学生が主体となって2018年から活動を始めました。
食マネジメント学部に入学する学生の多くは、「食」に興味を持っています。その「食」への興味も多様ですが、「ぎゅっと滋賀」に所属する学生の多くは、「食」を通じて地域をもっと活性化することができないか、という想いを持っています。そこで、「食」と「地域活性化」を結びつけた具体的な活動を、特に地域の魅力発信を中心として始めることとしました。
地域の魅力発信には様々な方法がありますが、私たちが「食」にこだわる理由は、単に興味がある、というだけに留まりません。「食」は生きる上で必要不可欠ですし、特に農に関しては、地域の土地や住民の生活にも関わり、持続可能な社会にも繋がっていきます。さらに、観光と食の結びつきも強くなっており、地域の交流人口を増やすための方法の一つともなっています。
また、私たちが普段学んでいるびわこ・くさつキャンパスのある滋賀県は、琵琶湖のイメージが強い県ですが、歴史や食べ物など、まだまだ知られていない魅力がたくさんあります。
そこで、ぎゅっと滋賀では、食を通して、地域、特に滋賀県の魅力発信のため、様々な活動を行っています。
滋賀県の魅力発信のために
これまでに、滋賀県の魅力発信として、滋賀のお土産案を募るコンテストの開催や商品開発など、様々な活動を行ってきました。
現在では、これらの活動でできたご縁により、滋賀県外の地域でも食の魅力を知って頂くことにつながる活動も行っています。
具体的な活動については、ぎゅっとヒストリアをご覧ください。
私たちの思い
ぎゅっと滋賀の目的は、一人でも多くの方に滋賀県を中心とした地域の魅力を知ってもらうことです。そして、私たちの活動は、地域の魅力を知ってもらうだけでなく、地域の世代間の交流やコミュニティの形成を促進させることなどに繋がると考えています。
「ぎゅっと滋賀」は、「食」と「地域活性化」に興味を持った学生が集まりできた団体であり、「食」で地域の魅力を発信する団体です。私たちは、その地域に住む人々や訪れる人々に、地域の食の美味しさや素晴らしさを伝えたいと思っています。また私たちだけでこの目的が達成できるのではなく、多くの方に支えられて達成できると信じています。
一人でも多くの方に地域の魅力が伝えることできる、そして私たちの想いに共感していただいた方々と共に歩んで成長していくことができる、そのような団体を私たちは目指しています。
活動場所
コラーニングⅡ3階 コモンラウンジ
結果
代表・副代表・顧問
● 2018年度 代表 なし
副代表 なし
● 2019年度 代表 橘高陽香
副代表 三浦凛
● 2020年度 代表 細川満里奈
副代表 石崎宏太郎
● 2021年度 代表 宮本彩羽
副代表 細川満里奈
● 2022年度 代表 井村咲希
副代表 竹井理乃
● 2023年度 代表 石塚望愛
副代表 池上真央
顧問 立命館大学食マネジメント学部教授 小沢道紀(おざわ みちのり)
ウェブサイト制作 Mintomo株式会社
お問い合わせ
以下のフォームから気軽にお問い合わせください。(※は必須項目です。
法人名
お名前(※
フリガナ(※
TEL
メールアドレス(※
内容(※
不正防止
4 × 4 + 4 = ※ 計算してください。